防犯・セキュリティ工事

場所を問わず凄惨な事件が頻発している昨今、住まいのセキュリティはどのように対策されているでしょうか。
昼間でも人通りが少ない、裏口に死角がある、夜になると外灯がないため一面真っ暗になるといった状況があれば、早急に防犯対策を検討されることをおすすめします。

人感センサーの付いたライトをセキュリティーの弱い箇所に設置するだけでも、大きな効果を得られます。
さらに、カメラ付きのインターホンや防犯カメラ、割られた窓ガラスを検知する警報装置など、さまざまな防犯設備を設置することで安全性はより高まります。

防犯設備は、それぞれ設備に合った位置に取り付けることが大切です。設置工事の際は、周辺環境を調査の上で最も効果の発揮するようご提案いたします。

こんな工事はお任せください

■ インターホン
現在、主流になっているモニター付きインターホン。チャイムと同時に訪問者の顔も確認することができるので、不審者や無用なセールスを防ぐことができます。

■ 防犯カメラ
防犯カメラには、常時録画しているタイプや人の動きを感知して録画を始めるタイプ、音声も同時に録音するタイプなど、さまざまなタイプがあります。
機種によっては、外出先からスマートフォンを使って映像を確認することもできます。
■ 防犯センサー
室内の人の動きを検知するパッシブセンサーや、窓や扉が開いたり、ガラスが割れたときに作動する窓まわりのセンサーなどがあります。

一覧に戻る

▲TOPへ